富ヶ谷新聞は東京富ヶ谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

ところで富ヶ谷ってどんなところ?2020

富ヶ谷に住む方々の日々が少しでも楽しくなりますように。そんな思いで富ヶ谷新聞を書いていますが、同時にこんな素敵な街「富ヶ谷」をより多くの方々に知ってほしいという思いもあります。

それでいて、あまり知られすぎて人が増えちゃうのは嫌だとか、面倒くさいことを言うのも「富ヶ谷」ならではな感じなのですが。。

というのも、富ヶ谷と渋谷との丁度良い距離感、これが本当に程よく、このバランスが崩れて欲しくないという思いがあるからなんですよね。

富ヶ谷ってどこ2

渋谷駅の北西。代々木公園の西側のエリアに富ヶ谷はあります。渋谷駅をそっと見守るお母さんのような距離感。いや、よく解んないか。。歩こうと思えば20分で渋谷駅に着けちゃうこのディスタンスが「程よい」街。それが富ヶ谷なんです。

その距離感をご紹介しようと、ハチ公像の前から井の頭通りと山手通りが交わる富ヶ谷交差点まで歩いてみた映像を、ハイパーラプスにしてみたのでぜひご覧ください。

ハチ公前を出発し、東急本店まで男性のちょっと早めの徒歩で5分30秒ほど。このあたりから先のエリアを、最近では渋谷の奥「奥渋(おくしぶ)」なんて呼ぶようになり、メディアにも多く取り上げられ盛り上がりを見せておりますが、富ヶ谷も奥渋エリアに含まれています。

神山町を抜け、約13分30秒ほど歩いたところ、セブンイレブンとマルエツプチがある交差点から先、そこが富ヶ谷!

おしゃれなワインバーから、座敷が最高な居酒屋さん、フレンチレストランのフルコースから気軽に寄れる立ち飲み屋さんなどお店のジャンルも幅広く、地元で昔からやってる商店さんと、新しい感性で街を彩る商店さんとのバランスも良い!そのあたりも富ヶ谷の魅力だと思います!

富ヶ谷新聞 http://tomigaya-shinbun.com/

色々なお店やイベントを紹介しているので、是非記事を読んでみてくださいね! もちろん飲食店さんだけではなく、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSさんや、MONOCLEさんといったカルチャーの発信地があるのも大きな魅力だと思います。  

渋谷とも、原宿とも、表参道とも少し違った独特の街、富ヶ谷にぜひ遊びに来てみてください。その時は富ヶ谷新聞を読んで気になったお店によっていただけたら嬉しいです。

次回は、最寄り駅、代々木公園駅・代々木八幡駅にフォーカスしてみようと思っています!お楽しみに!

 

富ヶ谷新聞記事

富ヶ谷新聞instagram

富ヶ谷新聞facebook




Share (facebook)