富ヶ谷新聞は東京富ヶ谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

現代の忠犬ハチ公!?&チーズスタンドの看板犬ボネちゃんを取材!

渋谷駅の待ち合わせスポットと言えば、やっぱりハチ公前。

亡くなってしまった飼い主の帰りを待ち続け、10年もの間渋谷駅へと通い続けたという話はご存知の方も多いと思います。

そんな忠犬ハチ公が、どこから渋谷駅へと通っていたか、ご存知ですか?

 

それが、

富ヶ谷!

1923年に秋田県で産まれた秋田犬のハチは、1924年に東京大学の農業土木学者である上野英三郎氏の元へやってきたそうです。上野博士は、現在の東急本店の裏あたり、松濤1丁目ににお住まいでした。上野博士はハチの他にもジョンとS(エス)という犬を飼っていて、ハチがやって来てからほどなくして、3匹は上野博士の送り迎えをするようになったそうです。その行き先は、東大の駒場キャンパスだったり、渋谷駅だったりでした。博士は渋谷駅へ着くと、3匹に話しかけ、ビスケットをあげて、服が汚れるのも構わず飛びつかせたということです。博士が帰る頃になると、再び3匹は渋谷駅へと出向き、博士を迎えていました。

ハチが松濤にやってきて1年と4ヶ月後、上野博士は亡くなってしまいます。その時のハチのしょげっぷりはすごかったというお話です。ハチが、上野博士の死を知らずにその帰りを待ち続けたと思っていた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではないんですね。ハチがどんな気持ちで渋谷駅へ向かっていたのか、計り知れないですが、想像するだけでも胸が苦しくなります。

その後、ハチは色々な事情により居を転々とした末に、上野さんの家へ出入りしていた植木職人である小林菊三郎さんに引き取られることになるのですが、その小林さんがお住まいだったのが富ヶ谷というわけなんです。上野博士が亡くなってから2年ほど経ったころのことだったそうです。小林さんの家で、ハチはとても可愛がられたのですが、新しいやさしい主人ができても渋谷駅へ通うことはやめませんでした。富ヶ谷から、一度松濤の上野博士の家をのぞいて、渋谷駅へと向かっていたそうです。雨の日も雪の日も。

Hachiko
有名なハチの写真。賢そうですよね。

 

「すぐそこ。そのマンションの裏くらいに植木屋さんがあってね。」と語るのは、小林ラジオ商会小林さん

IMG_0961

以前KIHARAさんの取材時にも色々教えてくれた小林さん小林さんの話だけでも記事が何本も書けてしまいそうな面白い経歴の持ち主なので、今後またお話を伺いたいと思います!

富ヶ谷新聞
小林さんは植木屋さん知ってるんですか?同じ小林姓ですけどもしかしてご親戚とか?

小林さん
いやいや、俺は知らないよ!ハチ公って昭和の本当はじめ頃の話だから。小林菊三郎さんも偶然同じ名字なだけね。

IMG_0955

富ヶ谷新聞
そうなんですね。けどすぐそこにハチの家があって、ここから渋谷駅に通っていたんですね。

小林さん
そうだね。昔は抜け道がいくつかあったらか、この本店通りを通って行ったわけじゃないとは思うけどね。ついこの間もアド街ック天国におんなじこと聞かれたよ(笑)

富ヶ谷新聞
あら、そうなんですね。じゃあアド街より先に記事にしちゃわないと!(笑)

 

さて、ここから今回の記事の本題に入っていくわけなんですが、小林さんが教えてくれた、小林菊三郎邸のあったほぼその場所に、現代の忠犬ハチ公こと&チーズスタンドの看板犬のボネちゃんが、ご主人の藤川さんが迎えに来るのを日々、大人しく座って待っているのをご存知でしたか?

DCIM100MEDIADJI_0619.JPG

ボネちゃん!!!

可愛いんだよなぁ。賢そうな表情はどことなくハチを彷彿とさせたり。ちなみにボネちゃんは2歳のお嬢さんなので、そのへんはご注意ください。

44816191_259163268284935_981545590387782899_n

これ、僕がとある日に撮ってinstagramにアップした写真なんですが、いつもこんな感じで時間を潰してるんです。たまんないですよね。

以前取材させていただいた、NHKの向かいにある大きな牛のオブジェが印象的なチーズの名店「チーズスタンド」さんの2号店で、チーズはもちろんのこと、フレッシュチーズと合わせて家庭でも日常的に楽しめるワインやオリーブオイル、はちみつやパンケーキミックスなどを提供する「チーズスタンド」さん。&チーズスタンドさんにも大きな牛のオブジャがあるのですが、その牛の足元に、ボネちゃんはちょこんと座っています。

ハチは、子どもたちになでられようが、いたずらされようがされるがままにしていたらしいのですが、ボネちゃんも通行人たちに声をかけられ頭をなでられても、写真を撮られても同じようにされるがままに大人しく座っているんです。

 

IMG_0936

藤川さん
猫かぶってるんですよ。犬なのに。

ご主人の藤川さんご登場!藤川さんと一緒にいると、本当嬉しそうに喜びをあらわにするボネちゃん

富ヶ谷新聞
わあ!こんなボネちゃん見たことない!藤川さんと一緒だとボネちゃんこんなにキャピキャピするんだ!かわいい!!!

藤川さん
ドッグランとか連れて行くとすごいですよ。はしゃぎっぷり。ヤバいヤツ来たってみんなに思われてると思います。

富ヶ谷新聞
猫を脱いで犬になってるんですね(笑)。

IMG_0937

「誰にでも媚びを売るタイプじゃないわよ私は」とでも言っているのでしょうか。母親が豆柴だということで、その血がそうさせるのか、飼い主一筋なところもハチとかぶりますね。

富ヶ谷新聞
ボネちゃんって名前は由来はあるんですか?

藤川さん
本当はチーズに由来する名前にしたかったんですけど、うちは白か黄色のチーズしかなくて。。北イタリア・ピエモンテの伝統菓子でボネというチョコプリンがあって、小さい頃の色がそんな色だったのでボネにしました。

19624181_130897620828839_7268275740867559424_n

こちらの写真はボネちゃんのinstagramから拝借しました。

富ヶ谷新聞
あら可愛らしい。チョコプリンの名前なんですね!

DCIM100MEDIADJI_0624.JPG

そこへ偶然通りかかったファミリー御一行。

お母さん
あ、ボネちゃんだよー。カンタいつもご挨拶してるでしょ?

IMG_0948

カチーン

あれ???カンタくん固まっちゃいました(笑)

富ヶ谷新聞
カメラ向けたから緊張しちゃったかな?

お母さん
いつもヨシヨシってさせてもらってるんですよ。

藤川さん
また仲良くしてやってね。

カンタくんファミリー
はい。ありがとうございますー!

IMG_7872☆★☆★★

と、いつもこんな調子で、富ヶ谷の住民からも、海外からいらっしゃった観光客の皆さんからも可愛がられ、すっかり富ヶ谷の人気者になっているボネちゃん

夕方くらいになると、そろそろかな?とソワソワしだして道路の方に顔を出し、藤川さんが現れると大はしゃぎするボネちゃん。愛おしい。

 

ボネちゃんは、待っていればちゃんとご主人が迎えに来てくれます。当たり前ながらなんと幸せなことなんでしょうね。ボネちゃん藤川さんもずっとお元気で、幸せな忠犬ボネちゃんストーリーを描き続けてください!

IMG_7867

もちろんボネちゃんだけではなく、藤川さんが作るフレッシュチーズもお忘れなく!東京の牛乳で作る東京ブッラータや、出来たてのリコッタチーズは絶品ですし、そんなチーズに合う塩フレークだったり、パンケーキミックスなど、チーズをより身近に楽しめる商品が並んでいます。美味しい食べ方も丁寧に教えてくれるので、チーズ好きの皆様は是非一度お店の中へどうぞ!

またボネちゃんに合いに行きがてらチーズ買ってこよう!

ボネちゃんは悪天候を除いて土日は昼ぐらい、平日は夕方ぐらいに大体いるそうです。会えたら可愛がってあげてくださいね。

&チーズスタンド
渋谷区富ヶ谷1-43-7
営業時間 : 11:00〜20:00  土曜日・日曜日:11:00〜18:00
homepage : http://cheese-stand.com/and

富ヶ谷新聞 文/写真:八木

Share (facebook)