富ヶ谷新聞は東京富ヶ谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

目指すは上原のファミレス!あの串カツ居酒屋民屋が、ラーメンも食べられる昼飲みOKなお店に大変身!

串カツ居酒屋と名乗りながらも、そのメニューのバリエーションの豊富さ、味、コスパの良さで代々木上原の人々を魅了し続ける民屋さん。代々木上原の駅からほど近い、上原の目抜き通りである上原銀座商店街に民屋さんはあります。なんと、本格的にラーメンがレギュラーメニューに仲間入りしたとのことで、さっそくお邪魔してきました!いつも元気で笑顔がステキな、代表 民谷登さんにお話をうかがってみましたよ!

たみさん

民屋さんと言えば、串カツはもちろん、名物のとんぺい焼きなど、おいしいお料理がたくさんあることで有名です。串揚げはとてもおいしいけど、他のメニューが充実しすぎていて全く串揚げにたどり着けないのが現実。そんな嬉しいお店。いや、串揚げも好きです。一番好きなのはレンコンチーズです!・・・と、話がそれました。民谷さんはきっと、料理人を目指して、それはいろんなお店で学んでこられたのだろうと思っていたのですが・・・。

民谷さん:
「18歳の時にミュージシャンを志し、京都から上京して、最初はおでん屋台でバイトしてたんです。ほら、バンドマンってお金ないから、飲食系ならご飯食べられるでしょ?(笑)」

富ヶ谷新聞:
「おでん屋さん…。しかも、屋台って、かなり意外ですね!」

民谷さん:
「そうですか?(笑)まあ、バンドやめて、さあ何しようかっていうときに、本格的に飲食の道に進んだんですけどね。ははは!」

とにかく明るい民谷さん、修行されていた頃のおもしろエピソードをたくさんお持ちです。最初にご自分でお店を出されたのは代田橋だったそうで、そこでは多い時で4店舗展開していたそうですよ。その後、西永福で1店舗、そして上原にお店を出したそうです。すべて居酒屋だったそうですが、さらにラーメン屋さんを出したこともあるのだそう。なるほど、ラーメンメニューが充実するようになった経緯に納得。

民谷さん:
「ところがね、場所が悪かったのか、そこそこお客さんは来ていたものの、パッとしなくて、あっさりやめちゃいました!(笑)」

富ヶ谷新聞:
「そうだったんですね。しかし、今や民屋さんの麺料理って、知る人ぞ知る新名物になりつつありますよね?お店もいつもにぎわっているし、成功の秘訣って何なんでしょう?」

民谷さん:
「成功の秘訣は、成功するまでやり続ける!当時のくやしさもあり、上原でひっそりとラーメンを出し続けてたわけですよ。そんな中で納得のいくところまで完成させることができたので、本格的に売り出していこうと考えました!」

ちょうど1年くらい前に、まぼろしの裏メニュー的な感じでまぜそばが登場。当時はメニューの隅っこどころか、壁にちょろりと貼り紙してある程度だったんです。
IMG_1733
そのうちに口コミで民屋さんのまぜそばが評判になり、徐々に常連さんたちの心をつかんでいったのを私は個人的に見てきました。というか、幾度となく味わってきました(笑)。ちなみに、まぜそばの麺は近々細麺に変わるそうです。常に研究しているところが、さすが!

夏にはこんな裏メニューもあったんですよ!トマトバジルまぜそば!!
IMG_1804

今回、大々的にメニューにどっかり存在感を出してきたラーメン。いつも民谷さん以上に元気なスタッフの内田裕之さんにおすすめを聞いてみました!内田さんは、上原銀座商店街のイベントやお祭りでも活躍している、民屋さんの代表的なスタッフのお一人!

IMG_2608
写真左から民谷さん、民谷さんの息子さん、内田さん

内田さん:
「おすすめは辛辛(からから)ラーメン!」

富ヶ谷新聞:
「では、それください!」

辛いものが好きな私を知る民谷さんの計らいで、普通の辛辛ラーメンよりも少し辛めにしていただき、おまけにネギをモリっとトッピングしてみました!

IMG_4223

お、おいしそう!!!!

IMG_4227

麺はほどよい中太麺。スープは常にコトコト煮込んでいるという牛骨げんこつ出汁。ほんの少し和風な感じもします。ほのかに甘みがあって、見た目よりもあっさりやさしいスープ。女性もさらりといけます。(これは辛辛ラーメンなので、そこに刺激が足されます(笑)!)

メニューはこんな感じ!このお値段は、ランチタイム価格で、夜よりお得です。
IMG_3759

人気No.1はMAX系だそうで、バター以外のトッピングがMAXに入っているもの。普通のラーメンは、なんと税込み500円という、ワンコインでイケちゃうコスパの良さ!この安さは普段使いのランチにもうれしいですよね!当たり前ですけど、辛辛ではない普通のスープは白くて、こんな感じです。
max

ちょっとわがまま言って、キッチンに入らせてもらいました!
IMG_3762

ラーメン屋!!

民谷さん:
「ははは!持て余してたんで茹で麺機持ってきちゃいました(笑)!」

ラーメンメニューが充実するようになったタイミングで、昼からの営業に変わり、平日のランチに利用するお客さんも増えてきたそう。ここで勘違いすることなかれ!”串カツ居酒屋民屋”がランチ営業を始めたわけではないんです。昼12時に開店すると同時に、夜のメニューも全て楽しめちゃう、昼飲みもできる居酒屋になったのです!!ああ、危険な響き。。日常的に誘惑に負けそうです(笑)

民谷さん:
「昼飲みして、おつまみ食べて、締めにラーメン食べるみたいな、屋台飲みのノリで気軽に楽しんでもらえたらうれしいですよね。というか、なんなら上原のファミレスになりたい!ファミレスって、食事も、お茶も、お酒もいつでも自由に楽しめて、昼から飲んでも違和感ないし、子ども連れのママさんたちがお茶やランチしてても違和感ないでしょ?そういう場所になりたいなあ。12時にオープンしてから17時までは禁煙なので、ママさんたちにも使ってもらいたいです。この時間帯はお通しも出ないので、お酒を飲んでもテーブルチャージもなし!」

さらにラーメンも夜よりお得とあっては、昼飲みしない手はありません!営業時間が変わったことでメニューが限定されるなんてことがないどころか、楽しみ方のバリエーションが増えてしまったという進化系!ほんと、民屋さんって、かゆいところに手が届くというか、その時その瞬間求めてるものを用意してくれている懐の深さがあるんですよねぇ。

富ヶ谷新聞:
「民谷さんのこだわりってなんですか?」

民谷さん:
「うーん。。こだわりは、こだわりがないことかなぁ!ははは!」

いやいやいや、本当はいろいろこだわってるの、知ってますよぉ~!そのあたりは、3回くらいお店に通って、定番メニューはもちろん、「本日のおすすめ」を食べてみれば誰でもわかりますよ!フフフ。

全てにおいて満足度が高いところ、それでいて飽きないのが魅力。一度心(胃袋!?)をつかまれたら離れられなくなります。何度も行ってる方も、民屋さんのラーメンを食べたら新しい魅力を発見できるはず。はじめての方も、ぜひどうぞ!

民谷さん、内田さん、ありがとうございました!

最後に、太っ腹な民谷さんから、プレゼントです!「富ヶ谷新聞を見たよ!」と言うと、2019年3月末まで、ラーメンを注文された方に板のりまたは半熟卵のトッピングどちらかをプレゼント!この機会にぜひお試しください!

串カツ居酒屋 民屋

渋谷区上原1-35-2 上原銀座ビル2F
03-5453-6070
営業時間:
月曜日 17:00~24:00(L.O. 23:30)*仕入れの都合でランチタイムはお休みです!
火曜日~日曜日 12:00~2:00(L.O. 1:30)*ノンストップで営業してます!
★2/8まで店内一部改装中のため、2/9より営業再スタートです。ランチは2/12より再開となります。
facebook *お店からのお知らせなど更新中!
https://www.facebook.com/yoyogiueharakushikatutamiya/

取材/文 hazuki

Share (facebook)