富ヶ谷新聞は東京富ヶ谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

今週末には昼飲みイベントも!真夜中にジンギスカンを食べられるバーKOTOBUKI

代々木上原駅から徒歩15分ほどの距離にある池ノ上の静かな住宅街に、真夜中でもジンギスカンを食べられるバー、KOTOBUKI(コトブキ)があります。落ち着いた雰囲気の広いカウンターが心地よいバーなんです。夜遅くに飲みたい人も、ちょっと小腹が空いていてもフラっと立ち寄れるKOTOBUKIに潜入してきました!

IMG_0973

KOTOBUKIは、2017年5月15日にオープンしてちょうど2周年迎えたところ。オーナーの倉地奈央(クラチナオ)さんは、以前上原でお店をやっていたこともあり、上原から足を伸ばすお客さんも数多くいます。倉地さんはバーを営む傍ら、趣味でバンドやDJをやっていたり、渋谷のラジオの上原富ヶ谷エリアのナビゲーターとしての活動もされているので、お店には実にさまざまなお客さんがいるのも楽しいところ。

IMG_0974

富ヶ谷新聞:
「倉地さんは、もうどのくらいバーを経営されているんですか?どんなキャリアをお持ちなんでしょう?」

倉地さん:
「最初、北海道から上京してきた当初は教員目指しながらも、カバンのメーカーに就職したんだよね。九州担当の営業もやってて出張でしょっちゅう九州に行ったり、忙しかったけどそれなりに充実してたんだよね。」

富ヶ谷新聞:
「意外!サラリーマンだったんですね!」

倉地さん:
「そう。それで、ちょうど30歳になる頃に、今のKOTOBUKIみたいなバーで土曜日だけDJをやっていて、そのお店が別のお店を出すんでやってみないかと声をかけてもらって、その日にやりますって言っちゃったのが始まり(笑)。当時はすごく悩んでいたけど、その頃カバン屋も辞めようかなと考えていた時だったから良いタイミングだったのかも。そこからトータルでバーのキャリアは今年で17年目になるかな。」

IMG_0985

富ヶ谷新聞:
「もう随分長いことバーをやっていらっしゃるんですね。上原ではどのくらいやっていらっしゃったんですか?」

倉地さん:
「7年半くらいかな。転機があってこの道に入ったけど、やってみたら今もとにかく楽しいんだよね。」

そう語る倉地さんは、上原でもよくイベントなどをやっていて街を盛り上げてきた人の一人なんです。それが、渋谷のラジオのパーソナリティーに抜擢された理由なのかもしれません。

■オリジナルカクテル 池の上ハイボール

倉地さんが上原時代に生み出したオリジナルカクテルに、上原ハイボールというのがありました。きっかけは、お客さんにアサヒビールの人がいて、サンプルのアップルワインというお酒を持ってきたそうです。

倉地さん:
「結構単純な思い付きで、ウィルキンソンもアサヒだから、ジンジャエールと一緒にしたらいいんじゃないかなって(笑)。作ってみたら意外と辛いジンジャエールとアップルワインが合ったんだよね。当時はアップルワインなんて自分も知らなかったんだけど(笑)。」

この上原ハイボールは、今では以前ご紹介したTanadinerにその味が引き継がれていますよ。

そして、池ノ上にKOTOBUKI をオープンしたことをきっかけにご当地ドリンクを作ってみようと思って考案したのが池ノ上ハイボールだそうです。これは、どんなお酒なんでしょう?

倉地さん:
「どんなのにしようかなって考えていた時に、北海道出身だから北海道でよく飲まれてるガラナを使いたいなって思ったんだよね。ガラナはブラジルの飲み物なんだけど(笑)。それで、ブラジルのお酒合わせてみようって思って、これに決まった感じ!」

IMG_0997

富ヶ谷新聞:
「クリエイティブで遊び心いっぱいですね(笑)。」

倉地さん:
「結果、日本の北端の北海道を意識してたのが、地球の裏側の赤道直下のブラジルになっちゃった(笑)。北海道ブラジル化計画!」

IMG_0990
こちらが池ノ上ハイボール。一杯700円。

この日、初めて池ノ上ハイボールを飲んでみたのですが、意外とスッキリしています。普段甘いお酒を飲まないのですが、池の上ハイボールはそういう人にも飲みやすく、危険です(笑)。

他にも、オリジナルのポン酢サワーという私のお気に入りのドリンクがあります。どのあたりがポン酢なのかは、お店で試してみて確かめてみてください!
IMG_1015

倉地さんは、”日本のモノ”というところにこだわっているということで、国産のウィスキーなども多く取り揃えています。

■遊び心いっぱいのおつまみも充実!真夜中のジンギスカン!?

夜中に飲んでいて小腹が空いても助けてくれるのがKOTOBUKIの魅力のひとつ。個性的なおつまみメニューが並びます。

IMG_0988

いつも気になっていた真夜中のジンギスカンとホンコンやきそばをオーダーしました!

IMG_1001

これが真夜中のジンギスカン!夜遅くに飲んでいてちょっと食べたい時に、アツアツジュージューでお肉を出してくれるのは嬉しい!量もおつまみにちょうどいいんです。乾きモノではちょっと物足りない時におすすめ!タレも北海道で有名なタレをたっぷり出してくれます。

次はホンコンやきそば!

IMG_1003

予想外のルックス!!

これ、初めて食べたのですが、今は北海道と岩手と、なぜか大分でしか売ってないのだそうです(笑)。ちょっぴりスパイシーというか、香辛料の香りとジャンクな感じがたまらないおつまみです。たまに無性にペヤングを食べたくなる、なんて時にピッタリ!

IMG_1007

巨大なペヤングもありましたよ!
IMG_0998

こんな感じでお酒のおつまみにも、話のタネにもなるような楽しいおつまみが充実しています。朝5時までやっているので、がっつり飲みたい人も、寝酒を少し飲みたい人も、フラっと立ち寄れるバーなんです。

■今週末にはスパイスカレーのイベントも!

上原時代からよくイベントを企画していた倉地さん。KOTOBUKIでも時々昼飲みイベントを開催しています。次回は次の日曜日!スパイスカレーの昼飲みイベントです。

IMG_1099

カレーを提供するのは、KOTOBUKIではおなじみの『ナウでヤングなカレー集団 ツギハギカレー』のみなさん。オリジナリティ溢れるアイデアいっぱいのスパイスカレーやエスニックなおつまみを食べながら昼飲みできちゃいます!

IMG_0519

だんだん暑くなってきた今日この頃、お散歩がてら池ノ上までカレーを食べに行ってはいかがでしょう?暑い日は冷たいビールとカレーでしょ!

IMG_0687

倉地さん:
「会社帰りにフラっと一杯気軽に立ち寄ってもらいたいのももちろんなんだけど、将来的には、来ているお客さんにもっと自由に使ってもらえるスペースにしたいなと考えてるんだよね。お店の色、雰囲気ってお客さんが作るものじゃない?だから、展示したいとか、イベントやりたいとか、ライブやりたいとか、どんどん声かけてもらいたいよね。」

だそうです!「イベントをやりたい!」という人は、お店に直接行くも良し、SNSで問い合わせるも良しですよ。

倉地さん曰く、池ノ上は下北沢と代々木上原の間にあることもあって、これからもっとおもしろくなるエリアだと思っているとのこと。代々木上原駅からKOTOBUKIまで、ちょうど歩いて15分くらいの距離です。一度フラっと遊びに行ってみてください。

倉地さん、お忙しいところありがとうございました!

KOTOBUKI
世田谷区北沢1-32-18 アドバンスTビル1F
03-6804-9020
営業時間:20時~翌5時頃まで
定休日:月曜日

KOTOBUKI facebook
https://www.facebook.com/KOTOBUKI2017/
Instagram (イベント情報など日々更新中!)

ナウでヤングなカレー集団ツギハギInstagram (こちらもイベントや活動情報など更新中!)


取材/文:hazuki

Share (facebook)