富ヶ谷新聞は東京富ヶ谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

富ヶ谷にコンサートホール!ご存知でしたか?HAKUJU HALLへお呼ばれしてきました!

IMG_1580

代々木公園を一望し、その向こう左方には新宿の高層ビルがそびえ立ち、右方には写真では分かりにくいですが、スカイツリーがその姿を表す。この眺望、どこから見たものか分かりますか?

この眺望は、HAKUJU HALLのある白寿ビルから見た景色なんです。これ素敵。

 

そもそも皆さん、この富ヶ谷に、コンサートホールがあるってご存知でした?なんとなく存在は知っていたけど、どんなものなんだろ?という方も多いのではないでしょうか。僕もそんな感じでした。

クラシック、コンサート、なんて言うと、やはり敷居が高く、なかなか手が出ないなというイメージがあるものですもんね。

そんな中、HAKUJUの原社長直々に、「同じ富ヶ谷でやっているんだし、そろそろウチのホール見に来ませんか?」という嬉しいお誘いをいただいたので、これはいい機会だなと、伺ってきました!

IMG_1571

いつものごとく、ハルちゃんにお供してもらって、いざ!

外観

これが白寿生化学研究本社ビル。

IMG_1572

回転扉!くるくるして!ハルちゃん!(隣に普通の自動ドアもあります。)

IMG_1575

IMG_1576

IMG_1577

IMG_1579
る~~~。

そして、エレベーターで7階へと上がると、ホールのウエイティングスペースの窓に、冒頭の景色が広がっているんです。

IMG_1580

アゲイン!そしてズーム!

sky

うっすら見えておりますね。あのシンボルが。

 

さて、この日お呼ばれいただいたのは、
スーパー・リクライニング・コンサート!

強いのか!?優しいのか!?コンサートでリクライニングというのが、まず聞いたことないですよね。

しかし、このスーパー・リクライニング・コンサートこそが、HAKUJU HALLの目玉イベントの1つなのです!すべての席をリクライニングシートにするという、世界初の試みがなされている約1時間のコンサートで、気軽に、リラックスして音楽を楽しんで欲しいという、HAKUJUさんの思いが込められているんです。

僕のような、クラシックコンサートに敷居の高さを感じている者にとって、1時間という時間と、1席2,000円というお値段は、その敷居を湯船の高さほどに下げてくれるのに十分な要素だと思います。しかも、座席がリクライニングシートになっているとくれば、これはまさにお風呂!つまり最高!という図式が成立するわけです!

と、わけの分からない方程式は置いておいて、実際のホールはというと、

IMG_1582
ジャーーーーン!

富ヶ谷に建つビルに、こんな空間があるなんて想像できました?お見事です。

そして、肝心のシートはこんな感じ。

IMG_1591

こりゃ良さそうだ!ちなみに、ハルちゃんが座っている前の列が、通常時のシート。このシートに、ヘッドレストを付けて、リクライニング機能のロックをひとつひとつ外して準備をされるそう。1列おきにしか座席を作らないので、後ろを気にすることなくリクライニングが楽しめるようになっています。

IMG_1587

右手にボタンがあって、そのボタンを押しながら、自分の好きな角度に調整できるんですが、この椅子が本当心地いいんです。

この椅子に深く腰掛け、リラックスしてハープのコンサートを1時間。気持ちよかったです。映画館などでは、割とおしりのハマりが気になって、ちょいちょい姿勢をかえる僕ですが、ほぼ動くこともなく、超快適にコンサートを楽しむことができました。

流石、ヘルストロンという電位治療器の椅子を作ってらっしゃる会社ですね。

コンサートの内容は、没後100年となったドビュッシーの作品を中心に、アンコールを含め6曲。合間に演奏者さんがフランクにお話をしてくれるスタイルで、初心者にもわかりやすく楽しい内容でした。

計算されて作られたホールは、音の広がり、伸びや反響も心地よく、リクライニングに深く腰掛けながら降り注ぐ音を浴びるという、なんとも贅沢な時間を過ごさせていただきました!

HAKUJU HALL SCHEDULE

こちらから公演スケジュールを確認できます!来月のスーパー・リクライニング・コンサートは3月16日(金)になりますね。クラシックミュージックは、やはり生で聴いてなんぼ!その醍醐味を是非味わいに行ってみて欲しい!ここ富ヶ谷で!

HAKUJU HALL
東京都渋谷区富ヶ谷1丁目37-5 白寿生科学研究本社ビル7F
TEL: 03-5478-8867
Homepage

Share (facebook)