富ヶ谷新聞は東京富ヶ谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

パストリーゼは飲み物です!???聖地が上原にあるとのことで、巡礼してきました!

みなさん、パストリーゼ77ってご存知ですか?

知っとるわーい!

というお叱りの声が多数聞こえてきそうではあるのですが、もし知らない方のために一応、ご紹介しておきたいと思います。

4510759790016-1

簡単に一言で言えば、「除菌アルコールスプレー」です。

基本的には業務用に作られているもので、一般家庭にはそれほど流通していなかったのですが、ここ数年、口コミを中心に(というか、ほぼ口コミのみで)爆発的に流行しているスグレモノなんです!

僕も口コミで、友達に勧められて購入してから2年ほど、下唇を噛む勢いでヘヴィィィユーザーとして使って来たのですが、何が良いってやっぱり、

安心して使えるところ!

なんです。なんせね、食品に吹きかけていいんですから!

キッチンなんかでも活躍しまくりなんです。まな板にシュッ!包丁にシュッ!生ゴミがちょっと臭うなと思ったら、ゴミ箱にシュッ!

お弁当にも一吹きシュッとかけておけば、菌の増殖を防いでくれたりと大活躍してくれるんですね。

と、この辺のところまでは知っている方も多いかもしれませんが、このパストリーゼ77を販売している、ドーバー酒造株式会社さんが、代々木上原にあるって知ってました?

IMG_3242

ほらね?

これは富ヶ谷新聞案件だ!と取材を申し込んだところ、快諾していただき、パストリーゼ77の色んな話を伺いに行ってきました!

IMG_3240

 

僕以上のパストリーゼ77のヘヴィィィィィユーザーだというハルちゃんも誘っちゃって、マイボトルを持って記念にパシャリ!聖地巡礼です!

対応してくださったのは、業務統括部の平山次長!「私なんか撮らずにパストリーゼ77を撮ってください」と写真撮影は断られてしまったので、残念ながら文章のみでいかせていただきますが、とても丁寧に、真摯に対応してくださるスーパー素敵なジェントルマンでしたよ!

IMG_3220

平山さん
よろしくお願いします。

富ヶ谷新聞&ハルちゃん
よろしくおねがいします!僕ら本当に普段から愛用させていただいておりまして!今日も僕のマイボトル持ってきました!

平山さん
これはこれは。ありがとうございます。確かに最近では、一般の方にもご愛用いただいているようなのですが、実際に直接反響をいただけてとても嬉しいです。

富ヶ谷新聞
いえいえ!そんなそんな!僕らこそお世話になりっぱなしで、感謝をお伝えしたくて来たようなものなんです!

平山さん
なんでも聴いてください。

富ヶ谷新聞
まず、会社名がドーバー洋酒貿易株式会社とありますが、元々は洋酒の輸入販売をする会社だったということですか?

平山さん
おっしゃる通りです。お酒の製造販売となると、やはり酒税という国税に関わる部分なので、免許がなかなかおりないんですよね。洋酒の輸入販売から始めて、やっとのことで免許を取り、自社で工場を作り酒造を始めたという経緯です。

富ヶ谷新聞
やはり洋酒を作ってらっしゃるんですか?

平山さん
基本的にはそうですが、最近では軽井沢の工場で、軽井沢ビールなんていうのも作っていますよ。

613b+BZZF-L

 

ハルちゃん
あ、これ知ってる!飲んだことありますよー!でもこんなに種類があるんですね。

平山さん
ありがとうございます。向かいのファミリーマートさんはたくさん種類をラインナップしてくださってますよ笑

富ヶ谷新聞
パストリーゼ77と軽井沢ビール。つながりませんね!

平山さん
ちょっと脱線しましたが、弊社は、洋酒とは言っても、製菓用の洋酒をメインに扱っているんですね。

富ヶ谷新聞
製菓用!ということは、お菓子作りなんかに使うお酒ということですね?

平山さん
はい。家庭にはなかなか馴染みはないかもしれませんが。熱に強かったり、油に強かったり、アルコールも濃かったりと、パティシエさんの要望に応えながら、約500種類ほどの製菓用の洋酒を製造しています。

富ヶ谷新聞
そういう意味で、製菓用なんですね。その中でパストリーゼ77はどうやって開発されたんですか?

平山さん
開発したというよりは、これもパティシエさんからの要望で出来たものなんです。安心して使える除菌アルコールが欲しいと。お酒を作る免許がありますので、その過程で扱う醸造アルコールを使って、キッチンでも安全に使えるものが作れるなと。

富ヶ谷新聞
醸造アルコールということは、パストリーゼ77は飲めるということですか?

平山さん
飲めますよ。酔っぱらいますけど笑

一般的な除菌アルコールスプレーなどに使われているアルコールは、「飲めないように」処理されているんですね。「飲める」アルコールは免許がないと扱えないので。パストリーゼに使っているのは、サトウキビ由来の高品質なものなので、安心して食品などにも使っていただけます。

富ヶ谷新聞
なるほど!大きな違いですね!77っていうのはやっぱりアルコールの度数なんですよね?なぜ77なんですか?

平山さん
それ以上濃くても、除菌効果、抗菌効果はほとんど変わらないんです。あまり度数が高すぎると危険ですし、効果が一番良く出て、扱いやすくという度数を探して77度になったんです。

富ヶ谷新聞
しかし、77度のアルコールを作るっていうのは、ある種の危険物を取り扱うようなものなんじゃないですか?

平山さん
おっしゃる通りです。消防法によって厳しく条件が決まっているんです。神戸の三田に、その条件を満たした工場を作りまして、そこで製造しています。

IMG_3221

ハルちゃん
やっぱりパストリーゼってすごいんだなぁ。あ、高濃度カテキンも入ってるって!

平山さん
そうですね。カテキンは、抗菌効果を持続させる効果があります。後は、あまりうたってはいないのですが、純水を使っているというのも実はポイントだったりするんです。

富ヶ谷新聞
純水というのは、科学の実験なんかで使うあの純水ですか?

平山さん
そうです。お酒を作る上でも純水を扱うのですが、不純物がないので、状態が変わらないんです。常に同等の効果を得られるというのは大事なことなので。後は、掃除などに使ったときに、純水を使っていると水滴後が残らないんです。

富ヶ谷新聞
上手いこと出来てますね!さすが大ヒット商品。納得ですよ!

平山さん
30年前からデザインも中身もほぼ変わらずに作って来ていますが、SNSなどで広めていただいて、現在ではうちのメイン商品の一つになっていますね。

富ヶ谷新聞
30年!!!

そんなに歴史のあるものだったのですね。

平山さん
そうですね。その中で、南極観測隊からの指定採用をいただいたり、台湾でSARSが流行ったときに話題になって多く使っていただいたりと、色々なことがあって今がありますね。

富ヶ谷新聞
そして、僕らの家にもやってきて大活躍してくれていると。いやぁ、面白い話がたくさん聞けました!ありがとうございます平山さん

平山さん
いえいえ。こんな地域のメディアさんにまでパストリーゼ77を取り上げていただいてとても嬉しく思ってます。富ヶ谷新聞、読ませていただきますね。

IMG_3233

これからも、お世話になります!!!

Share (facebook)