富ヶ谷新聞は東京富ヶ谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

ミ チョリパン!メッシも食べて育ったアルゼンチンの国民食!!

これでもかって雪が吹き付ける中、行ってきました!

「Mi  Choripan(ミ チョリパン)」

「チョリパン」とは、日本ではまだまだなじみがありませんが、アルゼンチンでは日本のおにぎりのような存在で、アツアツのチョリソ(ソーセージ)をバケットに挟んで食べる、アルゼンチンのソウルフードです!

「ミ チョリパン」とはスペイン語で「俺のチョリパン」という意味。

オーナーの中尾さんが、世界旅行の途中で出会い、惚れ、現地で修業して持ち帰ってきたチョリパン専門店です!

オーナー夫妻

ワイルドなオーナーとほんわかとした雰囲気を持つ奥さんがお出迎え!!

優しい笑顔に凍えた両手が温まる~!!

富ヶ谷新聞)では、早速ですが、お一つ頂いていいですか?

中尾さん)そうですね。まずは召し上がってみて下さい。

と、いうことで、早速作って頂きました。

コチラは自家製のチョリソ。1日~2日くらい寝かせるそう。

これを一度炭火でじっくり焼きます。今回、その焼いている絵はないですが、焼き終わった後のチョリソがコチラ。

時間をかけてこんがり焼かれています。

富ヶ谷新聞)もうこのままでおいしそうですね!

中尾さん)そうですね。このままでも十分おいしいのですが、ここからさらに一日寝かせます。ここがポイントですね!

こちらが、一日寝かせたチョリソ。一度溶けた脂肪分が固まり、ぎゅっと締まっています!

 

 

 

 

そしてこれを強火で焼きます!

 

 

 

 

 

 

こんな感じ!

 

 

 

 

 

そして横でスタンバってたパンがきて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中まで完成!

中尾さん)ここからはトッピングを楽しんでください!

セルフなので、お好きなものをお好きなだけどうぞ!

富ヶ谷新聞)好きなだけいいんですか?では、お言葉に甘えてたっぷりめでいかせて頂きます!

シャキシャキのレタス

トマト、そしてじっくり炒めたたまねぎ

エトセトラ+チミチュリ(ハーブとスパイスとホワイトビネガーのソース)

さらにマスタードやケチャップをかけて完成!!!

富ヶ谷新聞)では頂きます!

うまい!これは・・・うまい!なんというか、チョリソにうまみがぎゅっと詰まっている感じですし、スパイスの香りも立っていますね!いろいろな味がミックスされていますし、ちょっと酸っぱい感じも好みです!

そして思っていたより全然辛くないです。

中尾さん)そうですね。日本でいうチョリソというと辛いものを指しますが、アルゼンチンでは生ソーセージの事を指すんです。 もちろんスパイスは入っていますが、うまさを引き出すためで辛くするためではないんですよ。味はかけるソースで結構違ってきますので、いろいろ試して頂けると嬉しいですね。

現在は試運転中の為、営業時間は11時~18時との事。定休日も土曜日。

3月になれば、夜の時間も営業を始めるそう。また定休日も変更の予定です。

地球の裏側アルゼンチンのソウルフード「チョリパン」。

一食の価値ありです!

=========================
Mi Choripan(ミ チョリパン)
151-0053
渋谷区上原2-4-8
03-5790-9300
フェイスブックはコチラ
=========================

Share (facebook)