富ヶ谷新聞は東京富ヶ谷の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

実直で素朴、だから美味しい。初台のアトリエ・ド・マーのミニタルト。

「初台って、新宿区?」
とおっしゃった方を思い出します。
初台は渋谷区の端っこでして、代々木八幡から徒歩ですぐです。
そして、
「初台って、オペラシティの他に何があるの?」
と訊かれたら、私は必ずこう答えます、
「アトリエ・ド・マーがあります!」
と。
日本で唯一のミニタルト専門店(当時)、初台商店街の中に小さく佇む可愛らしいお店。
しかしそこで販売されているスイーツは驚くほど美味しく、初台住民のみならず、近隣・遠方の住民をも魅了し続けています。
開店当初からファンである私、満を持して取材に行ってきました!

0001
飲食のチェーン店が増える昨今の初台商店街ですが、こんな風にちょこんとアトリエ・ド・マーさんはいます。

0002
一番の目印は、この手書きの黒板です。
オープン当初、この黒板に「日本で唯一のミニタルト専門店」と書かれていたのを思い出します。

0003
アトリエ・ド・マーさんのシンボル的な看板です。
白地に水色の文字。

富ヶ谷新聞
こんにちは!

山本さん
こんにちは。

こうしてご挨拶させて頂いている間にも、お客さんが入れ代わり立ち代わりご来店。
まずは写真を撮らせて頂きました。
0007
入店してすぐショーケースと対峙。
綺麗な色とりどりのタルトやケーキが並びます。

0008

0009
シンプルかつオシャレな内装。
ホッと安らぐ優しい空間です。

山本さん
では、よろしくお願いします。
オーナーの山本です。
0004

なんと、接客の合間を縫って、レジカウンターを挟んでの取材。
お忙しい中、本当にありがとうございます!

富ヶ谷新聞
まず、オープンはいつでしたでしょうか。

山本さん
2010年の9月ですね。もうすぐ8年といったところです。

富ヶ谷新聞
開店当初の、「日本で唯一のミニタルト専門店」という響きが今でも強く残っています。
なぜ、ミニタルト専門店を作ろう!と思われたのでしょうか。

山本さん
そうですね、最初はあらゆる種類のスイーツを作っていました、ですがお店を開くにあたって、何か一つに絞りたかったんです。
それがタルトだったんです。
「日本で唯一のミニタルト専門店」は当時調べまして、三角のタルト(ホールケーキの切り売りのような形)の専門店はたくさんあったのですが、ミニタルトの専門店は当時なかったんです。

富ヶ谷新聞
現在は、笹塚店もありますからね(注:現在初台のアトリエ・ド・マーさんは初台本店)、唯一ではなくなってしまいましたが・・・
いつもパッとショーケースを見ると、フルーツを使ったタルトやケーキが沢山目に飛び込んできますが、偶然フルーツのものが多いのでしょうか、それとも意識して使っているのでしょうか。

山本さん
意識して使っていますね。
フルーツにはこだわっていて、農園さんや特定の八百屋さんにお願いしています。

あの美味しいタルトのフルーツは厳選されたものだったのですね。
非常に納得です。

富ヶ谷新聞
このタルトやケーキ、焼き菓子のメニューはどなたが考えるのでしょうか。

山本さん
私です。

富ヶ谷新聞
お一人でっ!?

山本さん
一人です(笑)。

歴代の数々のスイーツ達は、全て山本さんが独自に考案していたのですね!
夜中に「うむむ」と考えている山本さんの姿が脳裏をよぎりました。

富ヶ谷新聞
これらの豊富なメニューは、かなりの頻度で変わっていますよね。
サイクル等は決まっているのでしょうか。

山本さん
一週間だったり、ひと月だったり、まぁ・・・不定期です。
食材がなくなり次第終了するものもありますし。

山本さん、相当なアイデアマンとお見受けしました。

なお、ショーケースは3段ありまして、上段はベーシックなタルトやホールケーキが並びます。
0015

中段はフルーツをふんだんに使った、ミニタルトや小さめのケーキが並びます。
0013

下段は自家製プリン(「マープリン」といいます)や大きめのタルト・ケーキが並びます。
0014

富ヶ谷新聞
そういえば、焼き菓子ってこんなにありましたっけ・・・

山本さん
オープン当初からありますが、種類はものすごく増えました。
そもそも、ミニタルト専門店でオープンしましたが、「ケーキが欲しい」「焼き菓子の種類を増やして欲しい」等々、ご要望が沢山あったものですから、ケーキもだいぶ増えました。

お客様のご要望で少しずつ変化していっているアトリエ・ド・マーさん。
この変化に我々は驚かされ、そして甘美な喜びに浸り続けています。

富ヶ谷新聞
アトリエ・ド・マーさんの外観や装飾って、当初からずっと可愛らしくオシャレですが、これはどなたが考えるのでしょうか。

山本さん
あ、これは業者の方に頼んでいます。
木の温もりを感じられるデザインを基調としています。

何となく北欧をイメージしてしまうようなお店なので、木の温もり、深く感じられます。
お店の前を通るだけで、一瞬北欧の街を歩いている錯覚に陥るほどです。

接客の合間に、私の拙い質問にキチンと真っ直ぐ答えて下さる山本さん。
基軸がしっかりとしていて、ブレのない回答は「職人」の姿です。
過度に飾ることなく、素材がそれぞれ持つ美味しさを最大限に引き出し、嘘偽りのない「作品」を生み出し続けるアトリエ・ド・マーさん。
山本さんの姿は、ミニタルトに如実に表れています。

さて、2年ほど前より「イートイン」を始めたそうです。
0006
レジのこのボードの通りです。
アトリエ・ド・マーさんでイートインとしてタルトを購入し、アトリエ・ド・マーさんのスタッフさんが、イートイン場所であるカフェまで持って来て下さる仕組みです。
なお、このカフェはアトリエ・ド・マーさんは「業務提携」しているだけで、経営元は別です。

それでは、私の大好きなベーシックなタルト、「イチジクとブルーベリーのタルト」をイートインします!
お会計はアトリエ・ド・マーさんで済ませて、イートインのカフェへ。
こちらのカフェもオシャレで、取材ゴコロがうずうず・・・
ワンドリンク制なので、カフェのレジでオーダーします。
座って待っていると、来ました!私のタルト!
0011-2

お、お、オシャレに盛り付けがされています!
小皿に乗せるだけだと思っていた私・・・おもてなしの心ゼロです・・・

0012
断面図です。
フォークで充分に割れるほどの、程よい固さです。
いただきます!
イチジクの甘酸っぱさに、クッキー生地のサクサクのタルト、それらが口の中で平和に共存しています。
シンプルでいて、甘過ぎず上品な味。
お、美味しいっ・・・!
フィリング(タルトの中身)がしっとりふんわり柔らかく、そしてアクセントとしてサクサクのタルトが重なり合って、「美味しいものを食べる幸せ」をまさに噛み締めることができます。

食後にご挨拶に行くと、やはりお客様がいらっしゃって、人気店の風格を感じました。
取材中も、お子様連れのご家族や、カップル、贈答用の焼き菓子を買う男性たち、様々な世代の方々が訪れていました。
誰からも愛される小さなお店。
そこには、幸せと美味しさがいっぱい詰まっていました。

山本さん、お忙しい中、本当にありがとうございました!

Atrlier de Mar
住所 東京都渋谷区初台1-39-11
TEL 03-5351-1622
アクセス 初台駅徒歩1分、代々木八幡駅徒歩15分
営業時間 10:00~20:00
定休日 年末・年始

取材/撮影/文:寺脇千草

Share (facebook)